東京金-VIXが上昇し不穏な気配。反落待ち

コメックスはドル全面高にて5月10日引けでレンジ下限割れで失速。NYからの上値追い発生は無しで、且つコメックス主体で短期売り回転が復活した16日。1370越えで短期ショートポジションをヒットしたものの、買いが続かず再度失速となり1350~1382レンジへ回帰。B議長証言への関心が高まるが、フローがドル売りになることは有りえず。直前のVIX指数上昇にて、不穏な気配あり。SP500発での短期株安影響を意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事