東京金-ドル全面高で完全圧迫、上がれず上がらず

オセアニア通貨が先導する形でドル一段高となり、続くドル円の100円越えでドル高圧力最大となった
。このため1460~1470ドルを戻り高値に次第に地合は軟調となる。上海、インドでの伝統的な、消費地での現物実需が下支えはあるものの、人民元の対ドル上昇カーブが緩むと買い圧力も低下してしまう。目先は1460ドルを戻り抵抗に下値確認の動きが先行しよう。国内サイドは110円への円安再開を背景に上値トライが先行しても、ドル高にて、ドル建て価格下落による下げ圧力は残存し続ける。円安減衰時のいきなりの失速も意識で。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事