東京金は為替の合成相場/ユーロ円と同様にニュートラル

ミニマムなドル安ユーロ高&マキシマムな円安ドル高にて不安定なバランスの2013年相場である。TOCOMは換算値上昇を買う円キャリー相場を再開している。アジア主要地域での現物実需の盛り上がりから、金価格は時間をかけてフロアを形成しつつある。アメリカンイーグル10分の1オンスコインは在庫減少から販売停止となった。足元は1402ドル越えで目先は売り一巡となり一旦は保合回帰、しかし1440ドルを戻り抵抗に、再失速ポイント1395ドル割れで下値トライは再開される。下値でありアジア実需があり続落ペースはマイルドペースに。東京金は為替の合成相場で、ユーロ円と同様ニュートラルへ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事