ドル建て金価格は、1000ドル方向の下げ相場に転換

ETFの過去ロングの解消が先行し急落し、買い戻し無しの売り切りが続いている。ユーロドルではミニマムなドル安を維持しつつ、円は先週末には100円手前から全面高となり、買いがたまっていた東京からのポジション解消売り圧力が高まった。ここからは、日米の緩和継続を背景に、ドル安・円安反転タイミングを見ていくが、国内サイドは円安換算値の上昇を買い込む形となるため、日常的に買いがたまりやすく、ドル建て価格が上がらなければ、潜在的な投げ圧力を構築して行こう。なお、米財務省からは円安に対する懸念が表明されており、目先は円高圧迫もくわわり、4600円への下値トライが先行する。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事