金相場はTOCOM買い/コメックス売りの流れ

短期の戻りをトライしつつ、ミニマムなドル安ユーロ高、転じて、マキシマムな円安ドル高へ地合い変化。ドル建てでは買いが続かず失速。ここからは高値で1559割れなら下落傾向へ戻る。しかし、ユーロ円主体での円ショートが残り、TOCOMは換算値上昇が優り、続落回避の円キャリー相場を再現中。TOCOM買い/コメックス売りの流れが続く。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事