東京ガソリンは戻り抵抗をテスト

BRENT5月限-現在のキーレベル/反発*109.70戻り抵抗--5月/6月限価格差は0.25ドルのバックワーデーション。北海代表油種であるForties原油の対ブレントプレミアムはマイナス65セントとディスカウントのまま。需給は緩和気味だ。欧州向けはリファイナリーのメンテナンスと、4月供給増から重さがあり下落傾向。米国向けに裁定買い余地が発生するが、供給増が圧迫。どこかでガス供給増が効いている。

※東京ガソリンは、目先は77000円の戻り抵抗をテスト。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事