ジンプラッツ減産懸念で白金が上昇

南アフリカ、ロシアに次いで世界第3位のプラチナ供給国であるジンバブエの供給減少懸念を背景に、PGM(プラチナ、パラジウム)が上昇した。これは、ジンバブエ政府が、鉱山会社ジンプラッツ社へリースしている土地(28ヘクタール規模)のリースを、とり止めるとの報道が背景。PGMについては強気スタンスを継続する。※売り上がりは不可。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事