PLATINUM当面のポイント/上昇継続中だが1715下値テスト先行

NMX4月限@1721.00(-15.5)---1月14日の東京休日中のアジアから欧州でAMPLATSのリストラプラン発表を前に上昇。続く15日東京15時のリストラプラン発表で金との価格差が逆転した。1月29日の東京では売りが続かず1668越えで反転上昇、買い直される。PD先行で上向きのPGMにて、白金は1710越え定着を経て1750コース。6日ロンドンで1720越えを買われる。

そして、7日ECB会合経てユーロ全面安ドル全面高にてさすがに下落。東京は1715見合いで買いだが、ユーロ円下落余波を警戒。ドル円は93.06安値から反発し小康。

※2013年のPGMのテーマは引き続き南アフリカ。アンプラッツは1月30日より向こう60日間をもって政府、労組とリストラプランについて協議に入る。なお流動的だが減産傾向は変わらず。

※白金というPGMの性格上、TOCOMでの売り固執はできず。これはかつてのパラジウムの急騰相場のケースを見ても明らか。カラ売りでメタルを売るアクション自体が上げ相場での東京発の上げパワーの源泉。(短期売りに出るケースでは、逆サイドに動くなら即撤退ありきで)。

※基本的に、売り狙いはワークしない。買いしか出来ないワンサイドメタル。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事