東京ガソリンは売りに傾斜

BRENT12月限 現在のキーレベル/下落-110.20戻り抵抗
デイティドBRENT@109.92/94(スポット)12月限@109.76(-0.38)
-Forties原油の対ブレントプレミアムは△0.05から▲0.20のディスカウントヘ軟化。12/1月スプレッドは0.83ドルのバックワーデーションと小幅。11月の供給プログラムは78万バレル/日(10月は87万1000バレル)。トレーダーの関心はFortiesから離れ他の油種へ。期近スワップはデイティドBRENTがコンタンゴと地合いは軟化。東アフリカ原油も一部カーゴが売り先が決まらず余剰気味。

WTI12月限 現在のキーレベル/下落再開-89.40戻り抵抗
12月限@89.11(-1.33)-BRENT牽引で反発(ただし、期近のディープ・コンタンゴから重さが残る)しつつ、レンジ相場特有の不安定さあり。90.26高値割り込みで調整下落を追認した。ブレント12月限は111割れで失速、111.59割れで下落を追認。東京ガソリンはブレント追随安で65700を戻り抵抗に、65000割れ攻防が先行しよう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事