株価下落と金

 これまで米国株価が全く反落することもなく棒上げに過去最高記録を更新していたことは七不思議の一つであった。上がり続けることに多くの警鐘が流されされていたが、それらのアナリストのコメントをやっかみと思って上げ続けていたNYダウ平均株価が先週少し反落した。月曜日の東京商品取引所におけるTOCOM SQUARE TVの収録で、山本アナウンサーからこの下げは大幅な下げにつながりますかと聞かれ時、一時的な反落かもしれませんと述べたのは返す返すも失言であったと思っている。これを、鮮やかに暴落の兆候ですとでも述べておけば、かなり点数が稼げたであろう。本日の週刊経済指標には、世界の主要株価の昨年初めからのチャートをすべて載せたが、すべての株価の形が2月5日からの暴落を示している。上がるものは下がるという自然の法則はここでも正しいことを示している。多くの下落の兆候を述べたアナリストの分析の中で、一番当たったものが、米国長期債の金利の上昇であった。昨年以来2年物金利は顕著に上昇していたが、昨年後半後半から、今年にかけて10年物国債金利が2.7%にまで上昇してきた。今や3%に届きそうである。一部債権アナリストは、これをもって株価の下落を警告していた。
 

 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事