NY金のサイクル・トレンドを追う

前回見通しでは「当面の押し調整目処は1,600ドル割れで一旦1,530~1,500ドルへの下落が想定されるが、アンダーシュート的に行き過ぎる場面があるなら、1,500~1,450ドルの下値テストもありうる。目先の下値確認を経て第4週戻り高値1,665.40ドル越えが再度の上値トライ再開のシグナルとなろう」とした。
10月は地味な反発場面からスタート。第1週安値1,596.60ドルを経てコンスタントに下値を切り上げた。10月第4週には高値1,752.00ドルへ上昇しつつ、下値を切り上げる展開となっている。9月第2週高値1,911.60ドルからの調整下落は1,695ドル越えで一巡し、まずは戻り高値のトライが先行して行こう。当面の押し調整目処は10月の押し調整水準である1,638.80~1,608.70ドルが想定される。仮に1,600ドルを割り込む場面があるなら、9月安値1,562.40ドルの攻防もありうる。9月と同様に、1,800ドル越えの高値圏では次第に地合いが閑散化して行こう。急速に値を飛ばすケースでは反落も警戒で。やはり終値ベースでの地味な下値切り上げが理想的な展開だ。
(※本稿はシリーズ企画ものにて現在はNo.101です。)

岡藤商事株式会社
ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事