CG穀物は小麦下落でやっと年内下げ相場が確定

■CBOT大豆11月限 現在のキーレベル/軟調-1602に戻り抵抗沈む
11月限@1573.00(-38.50)/3月限@1531.75(-44.75)-ハーベストプレッシャーが進展中。11月/3月スプレッドは△36.25(-6.00)と次第に縮小傾向。産地エレベーターではキャッシュベーシスが縮小しつつ、ハーベストプレッシャーと一段安を意識。年内相場は下落確定。

■CBOTコーン12月限 現在のキーレベル/下落-720割れへ
12月限@724.75(-19.00)/3月限@728.50(-19.00)-飼料向けコスト上昇にて減産確定を映し下落傾向。12月/3月スプレッドは▲3.50セント(+0.50)と期近から沈む込み。小麦主導で切返し反発となるが持続性無し。ハーベストプレッシャーがかかる。年内高値確定から軟調継続で失速しつつつ、地味に一段安コース。年内相場は下落確定。

■CBOT小麦12月限 現在のキーレベル/やっと下落-860割れテスト
12月限@869.25(-17.25/3月限@881.25(-17.00)-ロシア黒海沿岸、オーストラリアでの天候懸念残るが。小麦/コーンのスプレッド裁定買い解消を背景に下落へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事