金価格は毎年秋は値下がりする?

 2013年からのNY金価格を8月を起点に見てみると、毎年年末にかけて金価格は下落していることがわかる。なぜかの理由ははっきりしないが、中国の国慶節の金需要のために中国の宝飾メーカーは夏場に金を仕入れる。国慶節が終わると金需要はしばらくお休みとなる。年末にはクリスマス需要があるので、欧米では仕入れが盛んになるが、なぜか年末にかけて金価格は下落する。

 今年は、9月8日の1362.4ドルを頂点に下落基調となっており、その背景には12月14日のFOMCで米国の利上げがほぼ確定しているので、それまでの間ドル高になりがちであるということが言える。ドル高はドル建ての商品価格を押し下げる。金も利上げが近づけば価格は下落基調になるので、12月までは下がることを覚悟しておいた方が良いだろう。

 中長期的にはこれから12月までのどこかで買いの底値が現われるだろう。ゴールドマンサックスは昨年の安値の1100ドルまで下がると述べているが、そのあたりまではあり得るだろう(下グラフはNY金価格を8月1日を100とした指数)。
 
zu01
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事