SNSによる少額金取引が登場〜需要喚起に期待

今年の旧正月前、中国の大手IT企業テンセントは傘下のWeChatが提供する無料インスタントメッセージアプリ上で少額の金取引を行えるサービス“WeChat微黄金”を導入した。さらに、付加サービスとして、購入した金をアプリケーション上で簡単に第三者に贈与できる仕組みを導入し、新しい需要を掘り起こすインフラとして期待された。

WeChatの利用者は、全世界で約12億人、中国で約8億人と言われている。”WeChat微黄金”の最小取引単位は0.001g(現在価格で5円弱)であり、購入時に手数料はかからない。売却時の手数料は0.5%である。

”WeChat微黄金”のほか、”Alibaba Gold Saver(蚂蚁金服 存金宝)”や ”Gold Wallet(黄金銭包)”なども同様のサービスを打ち出している。両社の最小取引単位はともに1元(約17円)である。こうしたSNSプラットフォームを介した金取引は、現在までに100トン相当金額まで積み上がっていると、中国の業界関係者は推測する。

SNS金取引の導入は、金業界に二つの大きな構造変化をもたらす可能性がある。一つ目は、SNSが生活の一部になっている若い世代と金の距離を縮めたことである。例えば店舗で金を購入する場合、一般的な単位は10g刻みである。金は高価であるため、10gの購入でも5万円弱の資金を要し(中国の収入レベルで考えると、10万円相当を優に超える)、若い世代にとって簡単に出せない金額である。しかし、SNS少額金取引の登場によって、金を購入する金額上のハードルが取り払われた。

また、日頃使用しているSNSで金を購入できるだけでなく、例えば、恋人の誕生日に自分の予算に合った金を送ることができるアイディアは、ネット世代の感性にも合うものである。SNS取引インフラの導入は、これまで金と縁が薄かった若い世代を新しい消費者グループとして惹きつける力を秘めている。

SNS取引の導入は、金取引の地理的拡大にも貢献すると思われる。中国には多くの宝飾品店や中国商工銀行を含む商業銀行(主に投資商品)などが金関連商品を取り扱っている。しかしながら、大手宝飾品業者のチェーンストアーも銀行のネットワークも、農村部でサービスできるまで整備されているとは言えず、金を購入できるインフラが身近にない人々が未だに多数いる。

一方、いかなる農村部であっても、ほとんどの場合、携帯インフラは整備され、SNSの利用が普及している。SNS金取引プラットフォームの導入によって、これまで金を購買する意欲があっても、地理的なハードルに制限され実際の消費行動に移せなかった人々を取り込める可能性がある。

中国の例を紹介したが、SNS金取引プラットフォームの可能性に期待して、他の国でも新しい試みが水面下で進行している。直近では、日本で人気のあるSNSアプリケーションであるLINEが、タイにおいて、金の積立投資サービスを開始したと報道されている。SNS金取引の夜明けの到来を感じる。
 

森田アソシエイツ
http://www.morita-associates.jp/
ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事