WTI50ドル定着堅調推移

 EIA(米エネルギー情報局)が、発表した直近の週間在庫統計9/15時点によると、米国内原油在庫は前週から459万バレル増の4億7283万バレル、と増加したものの堅調な製品需要を受けて、ガソリン在庫が-212.5万バレル減の2億1831万バレル、ディスティレートが-569.3万バレル減の1億3886万バレルと大幅な取り崩しとなりました。

 戦略備蓄を含めた原油+製品の総在庫は19億8100万バレルで1年前比較で1億バレル強減少し、需給がタイト化しつつあります。

 さらに週末ベーカーヒューズから発表された石油リグ稼働数は、前週比-5基の744基と7月末の766基から22基も減少しています。

 WTIも節目の50ドルを超えてきており、目先50ドルが下値支持線となり、8/1高値50.43ドルから8/31安値45.58ドルまでの下げ幅の倍返しの55.28ドルが年末にかけての目標となりそうだ。
 
gasozaiko
 
rigu
 
wti
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事