北朝鮮ミサイルと価格の関係

 GFMSのレポートによれば、日本の金小売需要はこれまでそれほど伸びていなかったが、北朝鮮の度重なるミサイル発射や核開発のニュースを受けて、日本の金の現物需要が少し増えている。

 ただし日本の宝飾品需要はまだ少なくとも年末まで増加する見込みはない。8月28日北朝鮮からミサイルが発射された時、東京金価格は2016年B3月以来の高値4600円を付けた。田中貴金属では金の延べ棒の売れ行きが伸びたという。
 
 東京金価格は8月29日の4447円/gから9月1日4658円に+211円、3日で+4.7%上昇している。
 
zu002
 
 それなら、金価格はこれまでの北朝鮮によるミサイルで反応していたのかということを調べてみた。まずはNY金との関係をみてみた。北朝鮮からは、1993年5月以来以下の13回のミサイル発射や6回の核実験が行われている。その都度NY金は反応したかというと答えはNoである。全部のグラフを見せるのはたいへんなので、一部のみ掲載するが、19の事変でNY金価格は上がったり、下がったりしていて、通常の値動きと変わりはない。

 同様に、ドル/円は今回2017年9月3日の核実験の時のみ円高に触れたが、それ以外の時は、円高になったり円安になったりと、目立った兆候は無かった。つまり、北朝鮮リスクはNY金にもドル円にも確たる反応は表れていないというのが結論である。東京金と日経平均株価、NY原油についても精査してみる。

① 1993/ 5/29 中距離弾道ミサイル「ノドン」発射
② 1998/ 8/31 長距離弾道ミサイル「テポドン1号」発射
③ 2006/ 7/ 5 長距離弾道ミサイル「テポドン2号」発射含む7発のミサイル発
④ 2006/10/ 9 初の核実験
⑤ 2009/ 4/ 5 長距離弾道ミサイル「テポドン2号」改良型
⑥ 2009/ 5/25 二度目の核実験
⑦ 2012/12/12 長距離弾道ミサイル「テポドン2号」改良型
⑧ 2013/ 2/12 三度目の核実験
⑨ 2015/ 5/ 9 潜水艦発射弾道ミサイル発射
⑩ 2016/ 1/ 6 四度目の核実験
⑪ 2016/ 2/ 7 長距離弾道ミサイル「テポドン2号」改良型
⑫ 2016/ 8/24 潜水艦発射弾道ミサイル発射
⑬ 2016/ 9/ 9 五度目の核実験
⑭ 2017/ 2/12 新型中距離ミサイル「北極星2号」発射
⑮ 2017/ 5/14 新型の中距離ミサイル「火星12型」発射
⑯ 2017/ 7/ 4 大陸間弾道ミサイル「火星14型」発射
⑰ 2017/ 7/28 大陸間弾道ミサイル「火星14型」発射
⑱ 2017/ 8/29 新型の中距離ミサイル「火星12型」発射
⑲ 2017/ 9/ 3 六度目の核実験
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事