欧高米低

 昨日月曜日のNY金価格とNY原油価格は大きく方向が分かれた。NY金は先週末開催されたジャクソンホールにおけるイエレンFRB議長の講演で利上げについての言及がなかったことで昨日も+17.4ドル上昇し、1,315.3ドルと1,300ドルの大台を超えた。

 一方NY原油価格は、ハリケーン「ハービー」がテキサス州ヒューストンの町を冠水させ、全米の石油精製設備の3分の1が集積するメキシコ湾岸を襲って石油精製設備やシェールオイル油田の操業を停止させ、常識的に考えれば原油価格は上がると思うのだが、ガソリン価格は上昇したにもかかわらず、石油精製設備の稼働停止は原油投入量が減少すると市場は受け止めて原油価格は▲1.3ドル安の46.57ドルに沈んだ。

 なかなか常識では市場の感覚をつかめないものである。そもそも投機家は原油を機会あれば売りたがっているようである。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事