第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!

第19回『小次郎講師の使えるテクニカル分析講座、実践編』

□皆さん、こんにちは。本日はいよいよMACDの最終回。

■「皆さん、こんにちは。助手のムサシです。なんか寂しいですね。」

□まだまだ連載は続くのだから、何も寂しがることはないぞ。

■ですが、4ヶ月も続いたMACDの連載ですからね。できれば永久に続いてほしかった。

□そんな無茶な。

□ということでMACDの最終回、本日はMACDの複数使いの話をしよう。

■「お願いします。」

1.MACDの複数使い

□通常MACDのパラメーターは指数平滑移動平均線(以下EMA)が12日と26日、その二線の差でMACDを描いて、そのMACDの9日EMAがシグナルとなる。

この12日、26日、9日がパラメーターである。MACDのパラメーターは他の指標に比べるとさほど変化させる人は少ないが、それでも調整することに意味がある。通常、このうち12日26日のEMAの組合せを調整する。

■「講師、パラメーターの調整ってあんまり好きじゃないです。」

□どうして?

■「だってパラメーターを動かせば、そりゃ、どこかでうまくいくパラメーターが見つかりますよ。でもそれが将来ずっとうまくいくかどうかはわからないし、大体、そのちょうどいいパラメーターを探すということで僕らは疲れ果てちゃいます。」

□なるほど。それは一理ある。一般投資家にパラメーターの調整は難しいよな。

■「僕の友達にパラメーターを変更するのが好きなやつがいて、移動平均線の売買なんですけどね、毎日、何日移動かを変更させているんですけどね。で・・・未だにどれが一番いいかが見つけられていない(汗;)」

□あちゃ。

■「だから、『このテクニカルはこのパラメーターでやるのが一番いい』とずばり決めてもらった方が楽ちんです。」

□おいおい、テクニシャンを目指すなら楽は駄目だ。しかし、言いたいことはわかる。

□ここではとりあえずアペル氏が推奨しているパラメーターをいくつか紹介し、その組み合わせについて解説したい。

■「アペルさんて誰でしたっけ?」

□これだ。もう忘れたか。MACDの開発者だよ。

■「あ、そうでした。開発者の意見ならそれは聞かざるを得ないですね。」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事