今年初めを100とした指数

 今年の1月4日を100とした指数で見ると、8月7日までの特徴的な点は以下の三点である。

① ドルがほとんどの通貨に対して弱くなっており、年初から▲9.5%安くなっている。

 表のように、19通貨のうちで、ドルインデックスとユーロ/円(ユーロに対して円安)のみが安くなっており、他の全ての通貨はドルに対して強くなっている。典型的なのはユーロ/ドルの+13.4%であるフランス、スペインやドイツの景気は悪くなく、ECBが金融緩和縮小をほのめかしており、ユーロは強くなっている。また、資源国通貨やアジア諸国の通貨もドルに対して高い。
 
zu01
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事