穀物価格は乱高下中

 大豆やトウモロコシは今が天候相場の佳境にある。7月初めから米国中西部では適度な降雨があり、先ほど(米国時間月曜日午後4時)公表されたCrop Progressにおける作柄は、7月23日の段階で優と良が、トウモロコシは62%(昨年は76%)、大豆は57%(昨年は71%)となっている。大豆は先週61%だったので、作柄の悪化が見られ、またトウモロコシも大豆もVery PoorとPoorの合計がそれぞれ10%(昨年は5%)、14%(昨年は7%)とデキの悪いモノ昨年の2倍になっている。

 小麦が米国北西部ノースカロライナ州周辺で干ばつが発生し、春小麦の優と良は33%(昨年は68%)に大幅減、Very PoorとPoorの合計も40%(昨年は8%)と壊滅的な打撃が出ている。そのため、シカゴ小麦価格は6月27日の453.25セントが7月5日574.5セントに1週間で+121.25セント、+26.8%急騰した。

 その後トウモロコシも大豆も、小麦価格も、降雨が観測されるごとに急落し、今週また高温乾燥かもしれないというので先週は買われた。しかし、今週水曜日頃から降雨があると言うので再び下がっている。

 過去の話をしても致し方ないが、やはり穀物価格は6月から7月にかけて天井になることが多く、4月くらいに穀物を買えば、何かが起きるという教訓は来年にも当てはまると思われる。

 当面は、天候次第で再び作柄が悪化するような高温乾燥になれば、価格は上昇する可能性がある。輸出が好調で、需要は堅調であるため、生産に支障があれば価格は上値を追うだろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事