ドル安傾斜の8月へ向かう

ドル安を背景に米国株は堅調。今朝のNY引けでは、ナスダック、ラッセルがアップサイドへブレイク。最強通貨はオージー、ユーロ、最弱は円ながら、ドル円ロングの解消が入り始めた。ユーロ買いとドル円売りはスワップの支払い超となるため、静かに巻き戻しとなり、結果、ユーロ主導でのドル安が形成されて行く。

今日の日銀は政策変更無しとしても、シンガポール等海外プレイヤーは出口につながる物価見通しに関心あり。今年は108~118円で終るとして、ユーロ1.18としてドル円は目先108方向。

まともに下がり難しはドル建ての金。強保合の原油。膠着のシカゴ穀物。チカラ技で背景無しで上げは始めているゴムと言う構図です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事