8月22日午前9時スタンス-貴金属、原油関連、大豆・コーン買い

■GOLD現在のキーレべル/上方ブレイク-1635~1632買い
AU@1637.29/1638.28-1595越え切り返しで反発。ここからの1617.10に続く1626越えで上昇モード継続を追認した。このまま買いスタンスを継続しつつ1635~1632買い。目先の上げは2013年上昇相場の初動をイメージ。

■WTI10月限 現在のキーレベル/上昇-96.20を下値に上向き
10月限@96.99(+0.73)-BRENTが牽引しての上昇傾向を維持。96.20を日中下値に上向き維持。WTI期近と2番限コンタンゴは▲0.34ドル、一方でBRENTの期近スプレッドは△0.63ドルのバックワーデーションとBRENTがWTIの上昇を牽引。終値91.09越えでブレイクアウトを追認した8月3日引け。94.77に日次ストップは切り上がり。下は最大で92.90まで。限りなく地味に上向き継続。

■CBOT大豆11月限 現在のキーレベル/上昇再開-1684に下値切り上がり
9月限@1753.50(+32.75)/11月限@1732.50(+49.00)期近は旧穀エンディングストックのタイト感を映す。クロップツアーにて現物市場の逼迫感が再燃。クロップは31が優/良(前週30、前年59))。ホット&ドライはコーンが主体。11月/3月スプレッドは+109.25(+4.00)とタイト。上昇再開2日目。

■CBOTコーン12月限 現在のキーレベル/上昇再開兆候-822.50下値切り上がり
9月限@831.00(+15.75)/12月限@837.75(+14.00)米作柄は「優/良」は23%(前週23、前年57%)と悪化確定。エタノール、飼料向けとコスト上昇ながら、減産確定を映し高どまり傾向。12月/3月スプレッドは△1.00とほぼフラット。上昇速度が減衰しつつ、高どまりからの上げ再開前。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事