8月21日の朝9時スタンス-貴金属、原油、大豆買い・ゴム売り

■PLATINUM 現在のキーレべル/続伸-1470へ下値切り上がり
SPOT@1487.75/1497.75-1470ヘと日中下値切り上がり。ロンミンは15000オンスの生産ロス。上向き持続を伺う。南アフリカ白金鉱山周辺の土着リスクと組合間抗争を映す。週明け月曜には一部労働者は職場復帰しているものの、違法ストも含め正常操業復帰は不透明、1500越えワントライ意識。

■GOLD現在のキーレべル/上昇-1620~1630越えトライ
AU@1620.07/1621.20-1595越え切り返しで反発。ここからの1617.10に続く1626越えで短期上昇モードに入る。買いスタンスを継続で、1620~1630トライ見込む。2013年上昇相場の初動。

■CBOT大豆11月限 現在のキーレベル/上昇再開-1650下値
9月限@1703.75(+32.75)/11月限@1685.00(+39.25)
期近は旧穀エンディングストックのタイト感を映す消。クロップツアーを経て現物市場の逼迫感が再燃。クロップは31が優/良(前週30、前年59))。ホット&ドライはコーンが主体。11月/3月スプレッドは+105.25(+13.75)とタイトなまま。上昇再開。

■BRENT10月限 現在のキーレベル/保合-113.64を軸に高どまり
デイティドBRENT@115.15(スポット)10月限@113.57(-0.14)Forties原油の対ブレントプレミアムは△0.85ドルと拡大。Buzzard油田の9月のメンテナンス入りに伴い、期近需給がタイト化。ただ短期現物ではコンタンゴとなっている。BRENT9月/10月は0.69ドルのバックワーデーションへ縮小。実需背景の下値切り上げ。ロッテルダム製品価格差はバレル8.39ドルと改善(直前365日平均では5.20ドル)。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事