米原油在庫は減少だが、OPEC増産でWTI地合い悪化

 EIA(米エネルギー情報局)が、昨晩発表した週間在庫統計によると、7月7日日現在の米原油在庫は前週から756.4万バレル減の4億9535万バレル、と予想を大きく上回る取り崩しとなりました。ガソリン在庫も前週比-174.7万バレル減の2億3565.6万バレルで、いずれも取り崩しとなりました。昨晩のWTIは一時46ドル台半ばまで買われました。が、しかし46ドル台は長続きせず、その後は、6月のOPEC全体生産高が39.35万バレル増加したことやEIA週報で米原油生産高が前週比5.9万バレル増の日量939.7万バレルと増加したことなど嫌気され、戻り待ちの売り場とみた投機筋の売りに押され45ドル前半まで値を消しました。

 昨日のOPEC月次報告(2次情報ベース)によると、イラク産油高が前月比+6万バレル増の450.2万バレル/day、減産免除のリビアが前月比12.7万増の85.2万バレル/day、ナイジェリアが前月比+9.67万増の173.3万バレル/day、さらに議長役のサウジアラビアまでも増産、前月比+5.13万増の995万バレル/dayと、増産が相次ぎました。

 在庫は減っても米原油生産、リグ稼働数、OPEC生産など増加傾向に歯止めがかからず、供給過剰懸念から、WTI原油は、再度42ドル近辺の直近下値を洗いにいくきそうだ。

 
genyuzaiko
 
genyuseisan
 
opecseisan
 
rigu
 
wti
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事