カンボジア、タイの天然ゴム事情とマレーシアのゴム樹禁輸政策

★ カンボジアの英字紙クメール・タイムズによれば、カンボジア商業省は、中国が2018年にカンボジアから30万トンのゴムを購入する予定であると発表した。またカンボジア農林水産省によると、ゴムを栽培する土地は約43万7000ヘクタールに増加し、その64%はゴム工業会社によって管理され、残りは家族経営である。カンボジアは2017年第1四半期に約5万トンのゴムを輸出している。世界市場でのゴム価格は、1月、2月の1トン当たり2400ドルから1600~1700ドルに下落している。現在カンボジア政府は、ゴムの価格が1トン当たり1000ドルから2000ドルであれば、輸出において50ドルを課税し、2000ドル以上であれば100ドルを課税している。1トン当たりの価格が1000ドル以下であれば課税されない。

★ タイ南部の多くの州ではここ数日の間に相次いで天然ゴム生産者の集会が開かれている。これを受け南部天然ゴム生産者ネットワークのThanomkiat Yingchuan氏は、同国政府に天然ゴム価格の下落対策を要望することになると述べている。同氏によれば、政府はゴム価格の低迷に真剣に取り組んでいないため、地方政府、タイ天然ゴム当局、農業大臣、副首相などあらゆるレベルに請願を行う予定だ。現状、ラテックス価格は1キロ当たり38~40バーツに下落しており、生産者にとって到底受け入れらえる水準ではないため、今後数日間で開催される会合で、運動を盛り上げていくという。また同氏は、平和と秩序の国民会議議長(NCPO)のPrayut氏に対し、道路整備等により多くの天然ゴムを使用するよう働きかけるとも述べている。1万平方キロの道路整備に使用する天然ゴムの消費量は10万トンに達する計算だ。
 
zu01
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事