金市場―1622~1630ドル越えの上値トライを持続

先週の金相場は1625.21ドルの週初高値から反落しつつ、1589.69ドルを安値に反発した。戻り高値1619.60ドルを経て1615.30ドルで越週した。引続き1622~1630の戻り抵抗をトライ中だ。これで5月からは5度目の上値トライとなる。思惑的な売り崩しアクションもなく、一旦押し調整時の下値は1605ドルへと切り上がる。株価上昇を背景に実需背景の下値切上げが続こう。ここからの1630ドル越えでセンチメント改善、上昇ブレイクを経て1650~1680ドルをテストへ。目先上昇は2013年の上げ相場へとつながって行く初動の動き。20日過ぎのラマダン明けを経て、アジア地域での現物実需最盛期の年後半に入る。国内金相場は、目先は4,100円を下値に上値トライが続こう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事