インドの砂糖が注目される

世界最大の砂糖需要国でかつブラジルに次いで世界第二位の砂糖生産国であるインドのモンスーン時期において十分雨が降るかどうかが注目されている。インドのモンスーンは6月~9月であるが、6月~7月にかけての雨量が平年に比べて約2割少ない状況が続いている。2009年にも同じ状況となり、インドを襲った干ばつは、砂糖価格を7月の15セントから、翌年2月には30セントと2倍に跳ね上げた。これは、インドは通常300~500万トンを輸出する砂糖輸出国であるのに対し、この年は、400万トンを輸入せざるを得なかった。そのため、往復で700万トン以上の需給変動が生じた。今年の需給はUSDAの予測によれば、147万トンの供給過剰となっている。そうした状態で、2009年のインドのように、往復で700万トンの需要が出れば、630万トンの世界の在庫は、あっという間に一層されてしまうだろう。

問題は二つあり、一つは、8月~9月にかけてインドで雨が降るかどうかということ、もう一つは、USDAは147万トンの供給過剰状態と予測しているが、EMC社は700万トンの供給過剰状態としており、その間にいくつかの供給過剰の予測がある。つまり、どの程度供給過剰状態になるかも一つの変数となってくる。また変数の一つに、エタノール生産が米国トウモロコシ供給の落ち込みにより、トウモロコシからはできなくなる可能性があり、その埋め合わせとして砂糖キビからのエタノール生産が増える可能性がある。

ブラジルのエタノール輸出が増大し、サトウキビからエタノールが生産され、そこに突然インドのサトウキビが干ばつで全滅というニュースが秋口に飛び込めば、砂糖価格は上昇するだろう。

NY砂糖価格は、6月4日18.86セントと20セントを割り込み、その後ブラジルで大雨が降ったので、サトウキビの圧搾作業が遅れるとして7月23日24セントまで上昇、ブラジルの大雨の影響は軽微とのニュースで急落し再び20.74セントと20セント台まで戻ってきている。

インドの干ばつがないとしてもかなり安いレベルなので、砂糖価格は今後上昇することは多いにあるだろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事