米国株はダウ30が失速気配、原油40割れへ

ユーロ買いが戻り、足元はドル高一巡気配あり。ただし、ドル円を含め方向感はニュートラルに近い。

今週に入り貴金属は金銀、プラチナが下落していたもののドル建て金の下げにブレーキ。パラジウムは仕手的な買いがあるのか、短期リース上昇にてメタルでは最強。

原油は北海はスコットランド沖の積み出しバース沖に、アフラマックス主体に700万バレルが浮かんだまま、売り先が見つかりません。ブレント先行で沈み込んでいるため、根深く下げ圧力が残る。バレル40ドル割れを意識で。

ゴムは上海のナイトマーケットで反発しつつ、方向感いまだ見えず。

シカゴコーンがダウンサイドへブレイク。

足もとはリクイディティに気を配りながらの最強パラジウムの買い、最弱の原油売り・・・かな。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事