最強パラジウム/最弱原油

WTIのオプション市場では42ドル、40ドルのプット買いが発生。ポンドの下落がユーロ買いポンド売りを誘発して最後に失速し、ドル全面高。

昨日は反発した米国株はナスダックとラッセルが反落しつつ、SP500が失速し地合い変化。ここからの原油40ドル割れが米景気減速兆候につながるかも。

ドル高株安、債券買いのコモディティ安は先々の低インフレ兆候。今朝は金と銀、ブレントとWTIがダウンサイドへブレイクし、シカゴ穀物も小麦をのぞき一斉反落。ゴムも地合い軟調が続く。

現在、関連市場で上昇を維持しているのはパラジウムのみで、最強パラジウム、最弱原油のバランス。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事