原油40ドル割れあり、ビットコインは売りに転換

FOMC終了。その前の2130時の5月小売売上、消費者物価の発表時は人間技ではない動き。

FOMCで議長発言でユーロ買い回転がとまり、ユーロ円から失速開始。利上げでユーロ買いのコストが上がり、円キャリー不発で円買い。足もとは108.80割れで105.00をイメージ。

パラジウムの投機買い一巡で、ドル建てメタルは弱含み且つ、円高伸展が東京を圧迫する。

原油はWTIで39ドルプットオプションに買いがあり、40ドル割れを指向する。東京も売りが先行する。となると、再びゴムが失速するかも知れない。尚、シカゴ穀物横ばい。

世間で人気のビットコインも売り転換。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事