イベント日を前に値動き収束、金は調整下落を意識で

最も直前の通貨ポジションに影響しているのがECBと英国選挙。

ユーロポンド、ユーロオージーを介して、ユーロ円からドル円に波及というループ。ユーロ買いが一巡し、貴金属は早くも失速しつつある。買い撤退を意識で。

今晩2130時ドラギ総裁、明日朝6時で英国投票締め切り、主導通貨はユーロとポンドになるため、ドル円は蚊帳の外のように見えて、ユーロ円から動くため注意。

原油は米国とロシアからユーロ域内へディーゼルオイルが流入し、この影響でマージンが悪化し原油需給緩和し、失速継続。

ゴムも売り継続のまま。シカゴ穀物は週末32度予想でコーンと小麦が上昇。コーンベルトのデモインあたりで38度が5日続くと作柄に懸念が出る模様。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事