USDAブレイクはコーン買い直し、大豆売り継続か

■CBOTコーン12月限 現在のキーレベル/上方ブレイク意識-807.00
9月限@810.00(+14.00)/12月限@814.50(+14.00)-米作柄は「優/良」は23%(前週24、前年60%)と悪化傾向。エタノール、飼料向けとコスト上昇ながら、減産確定を映し高どまり傾向。12年9月/12月スプレッドは▲5.75と期近9月限からディスカウント拡大。上昇速度は減衰だが、USDAブレイクあり。

■CBOT大豆11月限 現在のキーレベル/下落-1550割れなら売り確定
8月限@1630.00(+24.75)/11月限@1582.50(+16.75)-期近は旧穀エンディングストックのタイト感を映すが次第に買い一巡。クロップは29が優/良(前週29、前年61))。ホット&ドライはコーンが主体。目先は8月限の買いの外しで調整先行中。8月/11月スプレッドは11月が上がらず拡大中@48.75(+9.25)

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事