原油・プラチナ売り/ビットコイン・日経225買い

リアルマネーの買いもありユーロドルは上昇傾向を維持しつつ、ドル円が111.37円越えでドル買いへ回帰。ユーロ円125円攻防で円売りが持ち込まれやすい地合い。

貴金属は金が上昇を持続し買いを維持しつつ、白金が売りへの転換を追認した。

原油はブレントに続いてWTIが下落再開となり、中国絡みの噂飛び交うゴムは東京主導での下げから上海先導の下げに地合い変化中。

米株価はメインインデックスが全て上にブレイクし、日経225も買い転換の2日目。ビットコインも1日引けで上昇を追認している。シカゴ穀物は停滞が続く一方、ココアなんぞは供給要因で急騰。

ともあれ、低インフレのもとでの完全雇用を確認して、利上げありは経済活動にはポジティブな側面として捉える傾向となっている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事