ソロス師匠なのか?/ETFスパイダーのオプション買い活発

月越えでリアルマネーの買いが入りユーロ続伸。ポンドは日本人には理解できない英政治要因で動いており、対極的に英連邦系通貨売りのユーロ買い。この流れで円売りがユ-ロ円見合いで持ち込まれやすいものの、ドル円は足元200日110.20攻防が先行。

貴金属はコメックスの金オプションで1350コール(満期日18年2月末)の売買が活発で、恐らくはETFスパイダーのオプション買いのカバーか。いつぞやのソロス師匠的な買いで不穏。プラチナは依然として横ばい。

原油はブレントがダウンサイドへブレイク。6月後半のフランストレーダーの成約はあるものの地合い軟調。

ゴムは東京に追随しての、上海のおいかけ売りで下落中。シカゴ穀物は横ばい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事