プラチナは10月限へのロールオーバーで自爆

円全面高へ傾斜中で東京は買い持ち注意。ユーロ高止まりのままながら他通貨のポンド、オージーはユーロクロスで下落し、テクニカルなユーロ買いで、全体相場は円高ドル高へ傾斜する。

米株価は小型株指数ラッセルが下落転換、日経225は本日売り再開。

貴金属はプラチナNYMEXの7月から10月限のポジションがロールオーバーで下落(自爆的)し、恐らくはETF絡みの売り買いがかかわっているでは。銀は上昇し確りながら金は重い。

原油はこのままブレントは地合い軟調で、ゴムも東京先行の下げに上海が追随安へ。

シカゴ穀物は農業不況的下げあり。コモディティの低ボラティリティが続くが、ドル円の投げのボラティリティが大きく、影響を受ける。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事