TOCOM全般は、ビットコインの下落を警戒で

今朝方6時のユーロドルの1.1164で下落転換を追認し、ユーロ円が下げ足を加速。次ぎはドル円の111.00割れならチェックメイトでユーロ安円高へ傾斜する。

貴金属は金が確りで、後追いのプラチナ、銀は緩慢なドル建ての切り上がりのため、TOCOMの上昇モメンタムは弱い。

原油はブレント、WTともに弱保合へ回帰し、TOCOMはこの横ばい相場を円高が圧迫する。

シカゴ穀物は横ばいで、総じてドル建てコモディティはボラティリティが低下しつつ、通貨が調整に入りボラティリティが大きいため、TOCOMは円高で押さえこまれてしまう。

ゴムは唯一、クリアに下落トレンドが見えるかも知れない。

※ビットコインが関心を集めているが、ドル建てを買ってカバーしているなら、ビットコイン下落時には円転加速で円買いが来るはず。ビットコインの下落を警戒で。ビットコインはペイパル発祥の地、シリコンバレーでも認知され始めているようだけどね。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事