原油はブレント先行で下値切り上げ

■BRENT8月限 現在のキーレベル/上昇-105.65を下値に反発中--Forties原油の対ブレントプレミアムは▲0.10ドルのディスカウントから△0.05ドルのプレミアムへ。Buzzard油田の9月までのメンテナンス入りに伴い、期近需給がタイト化しつつある。ウラル原油との価格差から韓国向け成約余地がオープン。BRENT9月/10月は1.00ドルのバックワーデーション。

■WTI9月限 現在のキーレベル/上昇再開追認待ち-89.57下値--7月17日の89.54で上昇再開を追認しつつ、89.60の短期ストップ割り込みで押し形成入り。89.57~88.15を下値に上昇再開追認待ち。WTI期近と2番限コンタンゴは▲0.26ドル。一方でBRENTの期近スプレッドは△1.00ドルのバックワーデーションと、BRENTがWTIの下落を牽制しつつ、大きくは下がらず。90.92越え下値切り上げなら上昇再開を追認する。暫定ストップは88.16。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事