フランス大統領選を消化

フランス大統領選はマクロン氏優勢となり、週明けのオセアニアでユーロは1.0935高値、ユーロ円が上昇してドル円は110.61高値をつける。一旦失速しアジアでは円高圧力が残る中で、貴金属はドル建てが下落し調整入り。

原油は小幅高ながらも方向感は下向き。ゴムは東京4月限納会を前に買い戻しが入ったものの再度、下落再開気配あり。シカゴ穀物はコーン、大豆ともに軟調。

今週は半島情勢や米国での減税アナウンス、債務上限等視点は欧州からアジア、そして米国へ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事