米国株復活買い直し-半島情勢も米国ではローカルニュース

米国株はS&P500、ナスダックが劇的反転となり、上昇継続(つまりは米国経済の成長持続)を追認、フランス選挙や半島情勢はローカルニュースでウォール街では地政学リスクゼロ。

貴金属はパラジウムが上にブレイクして上昇再開、金銀横ばいの、プラチナはランド高もあり確り。

原油は5月のスイストレーダーの成約が大幅デイスカウントでの販売となり、需要減退となり、ブレントから失速した。

ゴムはドル円連動で買いとなり反発持続気配あり。

そしてシカゴ穀物は小麦下落への追随安となり、コーンが下落。

※ドル円は109.10越えで今朝、110.80売りが109.15買いへ転換(ユーロ円買いが先行)し、まず1110.10への戻りをトライ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事