原油買い:北海からアジアへとVLCC4隻が移動

米中首脳会談は何も結果は得られずと語る米大統領、圧倒的な軍事力を前に中国としても追随路線。シリアでは米ロの確執が強まり、北朝鮮問題を含め安保理での論戦が続く。

雇用統計はほぼ完全雇用となるなかで失業率が低下し、ドル買いへ傾斜。この環境下で企業業績に関心が向けられつつ、米国株がどう動くか。

まずはドル高傾斜で重さが残る貴金属。

ブレント原油は北海からアジアへ4月はVLCC4隻の調達があり、北米も製品主導での上昇で確り。

ゴムは上海市場での余剰在庫が嫌われ反落。

シカゴ穀物は南米に輸出需要が移り失速。

ということで買いがワークするのは原油のみでは。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事