ユーロ買い再開、貴金属上昇、ストレートにドル安へ

米金利上昇でドル円下落にブレーキ、ユーロがポンドとオージーの下落でユーロ買いとなり、バランスは次第にドル安へ傾斜。メタル、原油ともに底上げあり、ユーロは1.07越えで買い戻し経て買い転換へ。

貴金属でトレンドがあるのは金、銀、パラジウム、無いのはプラチナ。原油はブレント、WTIともに上向き。ゴムは上海復帰でのトレンド形成確認待ち。

米中首脳会談待ち、北朝鮮問題は28日の国連安保理待ち。議会の調整力がトランプ試験の強みと思われる。

今回の会談で米国外交の役割分担(副大統領、国務長官、大統領)が見えてくるでしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事