白金の週足のその後の動きを見てみる

 前回白金の週足のアルゴス指標をアップした際に、
 “「中段の下に向かっての放射と下段のデッドクロスが重なったとき」は結構な確率で押しを入れてくるので、その時は売り目線としてみたいと考えている。”
 と書いたが(http://column.cx.minkabu.jp/24189/2)、その後綺麗に中段の売り放射がヒットし300円強の幅の下落を見せてきた。

 まだ流れは下向きのままとなっており、個人的には3/16の安値3434円から3/17の高値3534円までの戻し幅の等倍下げ、つまり下降V計算となる3334円くらいまで下げてくるのではないかと考えている。

 この下げ道中、カテゴリ別で見る投資家玉の買い越しがだんだんと増えてきているのでここからさらに買い越しが増えてくる場合にはその投げ売りなどにも一応注意はしておきたい。

週足

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事