米国の緩和ペースを確認し、金買いへ転換

FOMCを経てスローな年3回(後2回)の利上げペースを確認、且つ、オランダでの与党優勢を見てユーロ買いに傾斜し貴金属は下落一巡から保合回帰。

原油もドル安で持ち上がり保合へ回帰。

ゴムは依然、268を戻り抵抗に地合いは軟調。

貴金属は金でここからの10ドルの下値切り上げがあるなら上昇方向への転換を確認できる。あと一段上がるかどうかが鍵。

シカゴ穀物は輸出需要は堅調ながら、反発力を欠く展開。

次ぎは予算教書に関心が向かう。目先は買い目線転換の貴金属。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事