レバレッジがかかったものは長期投資ではない

ユーロはニュートラルで円安からユーロ円確り。米利上げを前提にコモディティ失速もありカナダが弱い。オージーも既存ロングのたまりで軟調。米国株はラッセルが続落している。

今日も金銀白金銅ブレントWTIがダウンサイドブレイクし続落。原油は2017年は大枠40-60ドル見通しのもと、下値40をためす動きとなり、アメリカが産油国となった影響甚大で、OPEC原油の余剰化が進む。

貴金属はパラジウムが崩れ、これで揃い踏みで下げに転換、ETFロングの解消に反発圧力ゼロ。東京は売り目線のPGM。

レバレッジがかかったものを長期投資、長期保有とうたってはいけないのさ。

目先は白金は投げ先行。原油は下がるだけでゴムも次第に同調安へと。シカゴコーンはこのまま横ばい。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事