貴金属、原油は下落トレンドに回帰

米国株は小型株指数ラッセルが売り転換3日目で今日もダウンサイドブレイク。金銀白金銅ブレントWTIがダウンサイドブレイク。

今朝はオージーが最弱でついでカナダ、ポンド、ユーロ、円の順で弱さありですが、ドル円はおまけで上げているだけで失速あり。

4月以降は通商摩擦再燃でドル高欧州通貨安円高あり、ということで貴金属では金銀白金が下落基調に転換し、原油も下落開始。

ゴムも下落継続で売り継続の、シカゴコーンはこのまま横ばい。

足元は金、白金、原油、ゴム売り。所詮は丁か半か、売りか買いかの世界にて、上がらぬものは売り。米国株は石油関連株失速でトランプ期待後退。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事