プラチナ最弱:株安・ドル高・円高・コモディティ安へ

東京白金は買っては投げ、買っては投げが基本トレンド。

米国株は小型株指数ラッセル(グリーンスパン氏が見ていた)が売り転換2日目でダウンサイドへブレイク。オバマ氏の盗聴問題につきあっているうちに、ウォール街では減税はいつやるのという疑問が登場。期待先行で買われた株価益出しが先行し、株価は上昇一巡から失速気配。

ポンド先行でドル買いに傾斜しユーロがダウンし、メタルは金、銀、白金がダウンサイドブレイクで最弱は白金。銅も下落再開。

ブレントは洋上在庫再びで失速気配ありで、ゴムも売り転換。

シカゴコーンはわが道を行っていてこのまま高どまり。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事