当面の原油価格の考え方-BRENTにタイト感戻る

■BRENT8月限 現在のキーレベル/ノルウェーストの影響現れる-Forties原油の対ブレントプレミアムは▲0.60ドルから▲0.20へ縮小。ノルウェーでの油井ストの影響が、主要積み出しポイントからの供給減に現れ始めた。8月/9月は0.24ドルのバックワーデーションへ。タイト感が戻り始めた。

■WTI8月限 現在のキーレベル/戻り抵抗84.00~84.40-6月20日にダウンサイドブレイクを確認し下落を再開しつつ、81.50越え切り返しで目先の下げ一巡となったが方向感模索となり保合回帰。84.00~84.40重く失速気配あり。WTI期近と2番限コンタンゴは▲0.40ドル。一方でBRENTは△0.25ドルのバックワーデーションとWTIの期近沈み込み傾向は変わらず。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事