穀物価格はまだまだ上がる

トウモロコシと大豆価格は強含みとなっています。二年続いた不作により、米国のトウモロコシも大豆も在庫が極端に少なくなっています。米国農務省が今年の8月末を予想する11/12年度の期末在庫も6月の需給報告では、トウモロコシの在庫率が6.72%、大豆は5.6%になっていますが、もし8月までの需要が昨年と同じ規模に達するなら、在庫率はそれぞれ3.45%、0.2%になってしまいます。いずれも歴史的な低さです。

供給はすでに昨年秋に収穫されてしまい、動かしようがないので、米国農務省は需要が減るという予想で、在庫率を持たせています。

大豆の需要は、南米の生産が1月の干ばつで1割以上の減産が確定し、南米からの輸出はそれだけ減ります。米国の大豆価格が高値だったので、買い控えていた中国や日本のバイヤーは慌てて買い始めています。中国はすでに昨年の9倍の量を米国から輸入しています。トウモロコシの場合、南米以外に南アやウクライナ等の生産があり、それらの国から買うことができますが、大豆は南米を除くと中国が大きな生産地であり、中国は大豆の最大の輸入国です。

米国産トウモロコシは、今年、つまり12/13年度は1944年以来の大きな面積(日本の国土よりも大きい)に作付けが行われ、作業は順調に進んでいました。ところが、6月の雨量は、場所によっては1988年以来の少なさで、今年は冬場も暖冬で積雪が少なかったため、土壌水分が不足しています。

米国気象庁のDrought Monitorは、例年なら南部のテキサス州や西部は茶色く塗られるのは通常ですが、今年は、それが中西部まで茶色く染まっています。

1988年は、6月のトウモロコシ価格は6月の¢210から7月には¢330まで¢120、約58%上昇しました。大豆も1988年6月の¢780から7月には¢1050まで約35%上昇しています。今年もコーンは6月1日の¢551から29日¢672まで¢121、約22%上昇し、大豆は6月1日の¢1317.5から¢1512.7まで¢195.2、約14.8上昇しています。しかし、本格的な上昇はこれからだと思います。今後中国や日本、韓国等が大量に米国に引き合いをだせば、在庫は払底してしまうものと予想されます。家畜の餌や、サラダオイル等の大豆製品は今年は大幅に値上がりするでしょう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事