米国ナンバー1の世界へ、原油価格の固定化が奏功

米国株はダウ30、SP500、ナスダック、ラッセルと大型株から小型株まで派手に上昇ブレイク。いずれ米国株ブームが再来するかも知れない。米国ナンバー1の世界をドル高と金利高でどこまで持続できるか、という世界。

ドル建てメタルは金銀は確りで、PGMは後追い傾向。

原油はロシアと米国がフル生産でOPEC生産遵守率100%でも上がらない固定相場の世界へ向かう。

シカゴ穀物は大豆、コーンとも4年越しの調整相場が終り、上がり始めている。

ゴムも保合回帰気味。

※ドル買いに傾斜するなかで米国での金銀コインの販売は急減!、ETF増減だけ見ていると、ミスリードするかも。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事