3/21から限日取引の始まる白金のチャートを見てみる

 東京白金のチャートを一目均衡表で見てみるとここまで何度となく基準線(青ライン)がサポート役となっていることが分かる。

 このラインを維持している間は三役好転も継続となり流れは買い有利ということになるのかな。

 価格帯別出来高を見てみると昨年7月からの価格帯で一番占有率の高い価格帯は3600円~3650円あたりとなっている。

 こうして考えても現在の基準線と併せてこの価格帯を下に通過してこないと現在の雰囲気はあまり変わらないのかもしれないな。

 日柄的には2月末の3738円はちょっと大事なところとなってくるが、もしもここを抜けてくると1/12の3649円をネックラインとしたN計算値の3797円、または2/28の3738円をネックラインとしたV計算値となる3808円などが意識されるかもしれないので3738円を超えてきたときは注意をしておきたいと考えている。
 
日足
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事